夏に肌が乾燥してしまうのはなぜ?夏に行いたい乾燥対策をご紹介

夏は紫外線量も多くなり肌にとっても厳しい季節です。また注意したいのが、夏の肌の肝臓です。夏は湿度も高く、汗をかいてしまうので、一見乾燥肌とは気づきにくいのですが、実はとても肌が乾燥してしまう季節でもあります。その理由と対策方法などをご紹介します。

 

夏に肌が乾燥してしまう理由は?

夏は一年でもっとも湿度が高い季節です。また汗をかきやすいので、一見乾燥しているとは気づきにくいといわれています。

しかし気を付けないと夏でも肌は乾燥していまいます。その理由をご紹介します。

 

肌バリア機能の低下

夏は紫外線量が多く、外に居る時間も長くなりがちです。そのあめ、肌には常に攻撃を受けているような状態になります。すると肌のバリア機能が弱まり、必要な水分が失われ乾燥の原因となってします。

 

エアコン

オフィスや自宅でも常にエアコンをつけっぱなしにしていると、肌の乾燥を招いてしまいます。また肌が乾燥すると、肌を乾燥から守るために余分に皮脂が分泌されてしまいオイリー肌になってしまうこともあります。

暑い季節、エアコンは必須のアイテムですから乾燥しない工夫が必要となります。

 

インナードライ

インナードライとは、肌の表面は皮脂でテカっているのに、内部は乾燥している状態です。夏は特に間違ったスキンケアやエアコン、紫外線などによってインナードライになりやすいといわれています。

このインナートライ肌は自覚しにくく、肌がテカっているからと保湿を控える間違ったケアをしている場合もあります。

 

冷たい飲み物・食べ物

夏はつい冷たい飲み物や食べ物が欲しくなる時期です。しかし冷たいものを摂りすぎてしまうと、内臓が冷えて消化器官の機能が低下してしまう危険性があります。すると、栄養素が吸収されにくくなり新陳代謝の機能がおちてしまうといわれています。

冷たいものを摂る場合は、少しずつ摂るようにしましょう。

 

シャワーの浴びすぎ

夏は汗をかいてしまうことも多く、1日に何度もシャワーを浴びたり、顔を洗ったりする方も多いのではないでしょうか。しかし過剰に皮脂を洗い流すと、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、乾燥の原因となります。

 

夏の肌の乾燥対策

 

UVケアを行う

紫外線は肌にダメージを与えて、乾燥を悪化させてしまいます。日焼け止めはこまめに塗りなおしましょう。また帽子やサングラス、上着なども併用するのがおすすめです。

さら化粧下地やファンデーションも日焼け止め機能を持ったものを使用しましょう。

 

湿度を調整する

夏場はエアコンをつけっぱなしにする方も多く、室内は乾燥しています。そのため加湿器、を使用するなどの対策を行いましょう。

ただし夏の加湿器はカビや雑菌が繁殖しやすいので、こまめに掃除が必要です。加湿器がない場合は、霧吹きを使ったり、濡れたタオルや洗濯物を室内で干したりして湿度を調整しましょう。

 

湯船に長くつからない

湯船につかると、代謝を高めたり、血行を促進したりなど良い効果がたくさんあるといわれています。しかし長い時間熱いお湯につかっていると、肌の水分が不足し乾燥肌になってしまう可能性があります。また敏感肌の方はかゆみなどが出てしまう場合があります。

湯船につかる場合は約38度のぬるめのお湯を入れましょう。

 

正しいスキンケアを行う

夏は暑かったり、肌がテカっていたりして、スキンケアをさっとすませていませんか?しかし夏はインナードライ肌になりやすいので、いつもよりしっかり保湿を行うことが必要です。

まず洗顔料は、肌にやさしいものを選びましょう。洗浄力が強すぎると、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまいます。そしてたっぷりの化粧水と乳液を使用します。

ベタつきが気になる方は、油分の少ないさっぱりタイプの基礎化粧品に変えてみましょう。

 

乳液やクリームのつけ方

夏でも乳液やクリームで蓋をすることで、肌の乾燥を防ぐことができます。通常と同じようにつけるとべたついてしまう場合は、まず小指の爪くらいの量を手に取り両手に薄く伸ばしてから顔全体になじませていきます。

手の中で温めると肌に浸透しやすくなるとされます。足りない場合は重ね付けをしましょう。

 

お風呂上りに冷タオルを使う

お風呂上がりの顔に、冷たいタオルをあてます。冷たいタオルをあてることで、開いた毛穴を一気に引き締める効果が期待できます。また汗を抑える効果もあるといわれています。

 

食生活の見直しも大事

スキンケアや紫外線、エアコン対策と同時に食生活の見直しも行いましょう。食生活は体調だけでなく、肌の状態に大きく影響します。特に夏は冷たいものを食べすぎない、偏った食事をしないなども重要です。

 

乾燥肌におすすめの食材

アボカド

アボカドは森のバターと呼ばれ、脂質が豊富です。特に不飽和脂肪酸のオレイン酸が多く含まれており、角質層を保護して乾燥肌の改善に効果があるとされます。また肌荒れを防ぐビタミンA、ビタミンCなど、肌に良い成分が豊富に含まれているのが特徴です。

 

納豆

納豆にはタンパク質が豊富に含まれています。タンパク質は皮膚の組織を構成する成分で、肌のハリや潤いを保ってくれます。またビタミンB2や亜鉛、食物繊維など体に嬉しい栄養素も多く含まれています。

 

アスパラガス

アスパラガスにはアスパラギン酸という成分が多く含まれています。アスパラギン酸には保湿効果があるとされ、肌に潤いを与えてくれます。またビタミン類も含まれています。

 

アーモンド

アーモンドはビタミン、ミネラルなどがバランスよく含まれています。特に抗酸化作用があるとされるビタミンEが豊富に含まれていることで知られています。さらに肌に良いとされるオレイン酸が約70%含まれています。

 

青魚

イワシやサバなどにはオメガ3系脂肪酸、ビタミンA、タンパク質などが豊富に含まれています。肌のターンオーバーを促し、乾燥肌の改善に効果があるといわれています。

 

日焼け止めの選び方

夏に必須の日焼け止め。日焼け止めにも様々な種類があり、成分によっては逆に乾燥を引き起こしてしまう場合があります。

 

気を付けなければいけない成分

市販されている日焼け止めには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のどちらかの成分が含まれていることが多いでです。この成分は紫外線対策としては有効ですが、肌への負担が大きく肌荒れの原因となることがあります。

乾燥肌の方は、紫外線吸収剤を使っていないノンケミカルタイプがおすすめです。無添加のもので肌に優しくてもUV効果の高いものや、保湿をしてくれる商品も増えています。

ただしノンケミカルタイプは汗で落ちてしまうことがありますので、こまめに塗りなおすようにしましょう。

SPFやPAとは?

SPFやPAは紫外線をカットする時間を表しています。数字が大きいものほど長時間紫外線をカットできます。しかしその分肌への負担も大きくなるので、シーンによって使い分けましょう。

普段使いの場合は、SPF5 ~30のものを、海やプールなど屋外で長時間活動する場合は、SPFは30~50程度のものを選ぶのがおすすめです。

 

保湿ケアも忘れずに

日焼け止めを塗る前には、しっかり保湿を行いましょう。化粧水や乳液を付けてから、約5分間開けて日焼け止めを塗るのがおすすめです。すると保湿成分がしっかり肌に浸透するので、日焼け止めを塗っても乾燥から守ってくれます。

また強力な日焼け止めを塗ったあとはしっかりクレンジングで落とし、保湿をしっかり行いましょう。

 

まとめ

夏は湿度が高いので、肌の乾燥に気づきにくい季節です。しかし実は紫外線やエアコンなどにより、肌はダメージを受けて乾燥してしまいがちです。正しいスキンケアや対策を行い、乾燥から肌を守っていきましょう。