スキンケアの手順はとても大切!美肌を手に入れるために重要な手順&正しい方法

スキンケアの手順をあまり考えずにやっている方がいるかもしれませんが、実は手順を守らないことで美肌効果を減少させてしまっている可能性もあります。今回はスキンケアの手順の重要さを伝えるべく、スキンケアの正しい手順や方法とともに日常役に立つ情報をご紹介します。

 

スキンケアの手順が大切な理由

皆さんは毎日のスキンケアできちんとその手順を理解して守っているでしょうか?

「ちょっと手順が違うからといって問題ないでしょう!」と考えている方は危険です!化粧品によっては順番が違うだけでも全く効果が異なることがあるのです。

 

スキンケアで基本的に守るべき手順は「水分から油分」と言うものです。

油分から先に肌につけてしまうと、すでに油の膜が張られてしまって水分性の化粧品が効果を発揮できない可能性があります。

 

そこで今回はスキンケアの正しい手順を理解して、正しい方法とともに細かく説明していきます。

 

スキンケアの正しい手順と方法

では早速スキンケアの正しい手順と正しい方法を見ていきましょう。

 

ステップ1 クレンジング

まず初めに必ず行うのはクレンジングです。

クレンジングはその日化粧をしている・していないに関わらずする必要があります。なぜなら、クレンジングは化粧を落とすのだけが目的ではなく、古くなった角質や毛穴の汚れなども一緒にオフする役割があるからです。

 

クレンジングをする際に前準備として必要なのは、手をよく洗っておくことです。

手に汚れがついたままだと、せっかくクレンジングをしてもその汚れが肌についてしまうことがあります。

 

しっかりと手を洗ったら早速クレンジングに入ります。

まず初めにアイメイクや口紅をしていた方は、アイメイク用のクレンジングを使ってコットンなどで優しく拭き取って行きます。

その際にしっかりと落とそうとコットンをゴシゴシとする方がいますか、ゴシゴシすると肌が傷ついてしまうので危険です。

特に目の周りや口の周りは皮膚が薄くデリケートなので、時間をかけて押さえて汚れを引っ張り出すようにオフすることがポイントです。

 

アイメイクや口紅を一旦注いだら、次に肌全体のクレンジングに入ります。

まずは脂気の多い鼻やおでこのTゾーンから始め、それから頬や顎、最後に目の周りや口の周りに広げていきます。

小さい円を描くように指の平でやさしくクレンジングしていきましょう。

 

しっかりとメイクや汚れを落とし終わったら、30〜40度位のぬるま湯ですすぎしっかりとオフします。

そこで一旦清潔なタオルで水分をポンポンと拭き取りましょう。

 

ステップ2 洗顔

クレンジングの後に行うのは洗顔です。化粧や肌の汚れをクレンジングで落としていますが、やはりまだ取り切れない毛穴の奥の汚れなどが気になります。

そこで洗顔では泡をしっかりと立てて、毛穴の奥深くまで泡が汚れを吸い取るように洗うことがポイントです。

 

クレンジングと同様、まずは手をしっかりと洗います。

その後洗顔料をしっかりと泡立て、肌に泡を吸い付かせるように優しく伸ばしていきます。

伸ばす手順はクレンジングのように、Tゾーンから頬や顎、そして目の周りや口の周りに広げていくと良いでしょう。

 

洗顔料を落とす際に、泡が落ちればいいと思っている方も多いかもしれません。

しかし泡が落ちただけではしっかりと汚れが落ちたことにはなりません。そこで最低でも20回ほどはぬるま湯ですすぎ、しっかりと洗顔料を落とす必要があります。

 

ステップ3 化粧水

洗顔をし終わったら、なるべく肌の乾燥を防ぐために5分以内に化粧水を塗ります。

化粧水は手で行う場合とコットンで行う場合があります。

 

化粧水を手でつける場合には、まず用量よりちょっと少なめに取り、手の熱で少し温めてから肌になじませて行きます。そして用量分になるまで繰り返してつけていきます。

コットンでつける場合には、たっぷりと化粧水をなじませてポンポンと化粧水を染み込ませるようにやさしくつけていきます。

 

どちらで行う場合でも、一旦化粧水をつけたら両手で顔を囲みしっかりと馴染ませるのがポイントです。

 

ステップ4 美容液

プラスαのスキンケアをしたいと言う方は、美容液を使いましょう。美容液はアンチエイジングやホワイトニングなど、より細かい悩みに合わせて開発されているものも多いです。

美容液を導入することでそれぞれの肌の悩みに対応できるスキンケアができます。

 

美容液は化粧水の後に行うのが基本です。ポイントで載せたり、肌全体にしみ込ませたりするものがあります。

美容液を手に取ったら顔の内側から外側に向かって優しく広げていきます。

 

ステップ5 乳液

美容液の後には乳液でお肌に保湿成分を与えます。

保湿は肌の健康の第一条件ですし、美容液を使わない方でも乳液をルーティーンで使うのがオススメです。

 

乳液も定められた用量を手に取り、顔の内側から外側に向けて手のひら全体で伸ばしていきます。

顔を温めるようにしながら伸ばしていくとさらに効果的です。

 

ステップ6 クリーム

最後に行うスキンケアのステップはクリームです。クリームは油分が多く、スキンケアの最後にしっかりと潤いの膜を張る役割があります。

 

付け方は乳液と同様、手のひら全体に用量を伸ばして顔の内側から外側に向けてつけていきます。

乾燥が気になる箇所には重ねづけするなどして、保湿対策をしっかりと行いましょう。

 

 

プラスαのスキンケアの手順

日常的に行うスキンケアを心がけるのも大切ですが、たまにはプラスαのスキンケアで自分の肌トラブルを解決したり、さらに美肌のための栄養を与えたりするのも大切です。

ここではたまに行うプラスαのスキンケアの手順をご紹介します。

 

拭き取り化粧水

まずは拭き取り化粧水です。ターンオーバーによって発生した古い角質などをしっかりと落とす事は、毛穴に角質や脂質が一緒に入って起こる角栓やニキビなどのもとに対処することにもつながります。

 

拭き取り化粧水は洗顔をした後に行います。

コットンに拭き取り化粧水を取り、顔の内側から外側に向けて優しく肌を拭き取るように伸ばしていきます。

ピーリング効果もあるので時々行うのがオススメですが、毎日のようにやりすぎると肌に必要な水分や脂分まで失ってしまう可能性があるので、月に1〜2回程度に留めておくことをおすすめします。

 

アイクリーム

目のシワなどが気になってきた方にはアイクリームを使用することをオススメします。

目の周りは皮膚も薄く、特別なケアをするのが大切です。

 

アイクリームは商品によってもつける順番が異なります。

テクスチャーが異なるので、水分が比較的多いものは乳液等の前につけ、油分が多いものは乳液やクリームの後に付けると考えてください。

特に水分が多いアイケア商品を乳液やクリームなどの後につけてしまうと、せっかくの美容成分が浸透しにくくなることがあるので注意しましょう。

 

美容マスク

美容マスクは美肌にとって必要な栄養素をたっぷりと与えられるだけではなく、リラックス効果も高めてストレスの発散にもなります。

3日〜5日に1回などのペースで行うとさらに効果的です。

 

美容マスクは化粧水の後に行うのが基本です。

マスクに浸透している美容成分を、化粧水の働きによってさらに導入しやすくします。

 

スキンケア商品は正しく選ぼう!

 

まとめ

スキンケアの手順は、化粧品の美容効果を最大限に高めるためにも非常に重要な要素であることがわかりました。せっかくの化粧品の美容成分を無駄にしないためにも、この手順を守ってスキンケアを行うことが大切です。

また順番だけではなく、それぞれのスキンケアの役割をしっかりと生かすためにも正しい方法を守ることが重要です。皆さんもスキンケアの正しい手順と方法守って、ぜひ美しい肌を手に入れてみてくださいね。